失敗しない美容整形

整形を失敗するリスク

「プチ整形」と言われると、比較的安全で失敗せず、安くて短時間でできるイメージが強いですよね。

でも、プチ整形でよく使われる「ヒアルロン酸」や「ボトックス」といった異物を注入することは身体的な負担になりますし、効果が永久に長持ちするわけではないので、100%失敗しないとは言い切れないのです。

例えば、鼻を高くするためにヒアルロン酸を注入する「プチ隆鼻」のケース。ヒアルロン酸を入れた部分が不自然に柔らかくなったりするほか、注入量が多くて横に広がったり、鼻筋がなくなってしまうなど、仕上がりに満足できないといった失敗があります。

「プチ小顔形成」とも言えるのが、エラの張りをボトックス注射で抑えたり、ヒアルロン酸でフェイスラインを整える方法です。従来のような、エラの骨を削る外科手術と比べると手軽にできますが、プチ隆鼻と同様の失敗リスクや、ボトックス注射の影響で顔が引きつるなどの副作用が出る場合があります。

このような、ヒアルロン酸やボトックス注射をするプチ整形に共通するのは、効果が長続きしないということです。時間が経つと、体内に成分が吸収されてしまうため、半年から1年もすれば効果がなくなってしまいます。

そのため定期的に施術をくり返す必要があり、結果的に費用面での負担も大きくなるというリスクがあります。また、「プチフェイスリフト」と言って、特殊な糸を顔に埋めて放置すると、糸が皮膚となじんでフェイスラインをリフトアップするというものがあります。

こちらは、頬が不自然に引きつったり、むくみや内出血を起こすなどの失敗があります。また、糸が皮膚の表面に出てきてしまったら、手術が必要になってしまいます。「プチ」という言葉だけに飛びつくと、失敗して後で後悔することになるかもしれません。整形するかどうか、慎重に判断しましょう。

二重術・埋没法で評判のクリニックを徹底ガイド

www.deyelid.com
切開せずに自然な二重を作る埋没法の「気になること」を解決!