失敗しない美容整形

HOME >>  美容整形関連の投稿 > 整形とプチ整形の間

整形とプチ整形の間

整形手術の選択肢も多様化した昨今、「プチ整形」という言葉もすっかり浸透しました。この「プチ整形」という言葉は、「簡単で気軽に受けられる整形手術」という意味で使われることがほとんどでしょう。

わかりやすいところでは、まぶたを二重にする埋没法は有名な「プチ整形」です。埋没法は縫い留めて二重を作っているだけですから、メスを使う二重まぶた整形に比べれば確かに気軽なものです。次にヒアルロン酸注射による隆鼻術も「プチ整形」と呼ばれます。こちらも注射だけで切開をしませんので、プロテーゼを挿入することに比べると敷居が低いと考えられがちです。

それでは、「整形」と「プチ整形」の違いは、切開をするかどうか、つまり皮膚を切るかどうかで決まるのでしょうか?
これを考える上で重要なことは、数ある注入素材の中で、ヒアルロン酸がもっともメジャーになった理由です。ヒアルロン酸による隆鼻が広く普及したのは、注射という手軽さだけでなく、修正方法が確立していたからです。ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸溶解剤(ヒアルロニターゼ)を打つことで分解することができます。もしも鼻やあごに入れたヒアルロン酸がしこりになってしまったり、手術後の顔立ちが気に食わなかったりしても、この溶解剤を注射して修正することができます。

しかし、ヒアルロン酸と同じように隆鼻術に使われるレディエッセやアクアミドは、一度注射すると分解する方法がありません。レディエッセの場合は体内に吸収されるまで待つしかありませんし、アクアミドは人体に吸収される素材ではありませんから、小さく切開をして掻き出す意外に除去する方法がありません。同じ注射だけの手術でも、その後のメンテナンスや修正方法は大きく変わってきます。

レディエッセは固さがあるため、ヒアルロン酸よりもしっかりと鼻筋を作ることができますし、アクアミドが人体に吸収されないということは、それだけ長持ちするということです。各手術にはそれぞれメリットとデメリットがあります。けして「切開をするから大変だ、注射だけだから簡単だ」と表面的にとらえず、それぞれの特性を理解することが大切でしょう。