失敗しない美容整形

HOME >>  美容整形関連の投稿 > 豊胸方法の種類とメリット・デメリット

豊胸方法の種類とメリット・デメリット

美容整形の中でも女性の注目の高いものに豊胸があります。豊胸手術の方法としては、昔からある食塩水やシリコンのバッグを胸部に埋め込む方法、自分の体、特に臀部や太ももなど、比較的脂肪が多い部位から脂肪を抽出し、胸部に注入する方法、ヒアルロン酸を胸部に注入する方法など、大きく三つに分けられます。

まず最初に挙げた食塩水やシリコンバッグを胸部に埋め込む整形法ですが、体内で破れる可能性、発ガン性など、以前より危惧の声が絶えない手術法ではあります。加えて胸部に埋め込む手術、という大掛かりなものなので、傷跡を心配する声も聞かれます。
しかし、この手術方法は確実にバストを大きくすることが可能であり、サイズの制限がないので、自身が望むならばいくらでも大きくできる、というメリットがあります。もちろんサイズダウンするという心配もありません。

次に脂肪注入方法ですが、先に挙げたとおり、特定の部位から吸引した脂肪を胸部に注入する整形法です。臀部、太もも、腹部など、自分の体についた余計な脂肪を胸に注入するので、部分痩せと豊胸を同時に叶える夢のような整形法とも言えるでしょう。自分の脂肪を使うので、拒絶反応がほぼないこともメリットと言えます。

ただ、残念ながらこの方法は、一度の施術で2カップアップが限度とされています。もちろん脂肪を取る部位がないくらい極度の痩せ型の人にも向かない整形法です。
さらに、施術直後は大きくなった胸も、それは一時的なもので、入れた脂肪が胸に定着するのはそのうちの3割ほど、あとは体内に溶けて最終的には排泄されてしまいます。
脂肪を入れた直後はその部分が固くなってしまうため、マッサージをしてほぐすことが必要です。これを怠ると、注入した脂肪が石のように硬くなり、しこりのようになってしまいます。

最後にヒアルロン酸を注入する方法ですが、これが一番手軽な手術法です。ヒアルロン酸はもともと人間の体の中にある物質で、安全性も確認されています。両脇からの注射で済むので、傷跡も目立たず手術も部分麻酔で済みます。ただ、こちらも一度の施術で可能なバストアップのサイズは2カップまでとされています。こちらも一生物の胸ではなく、注入したヒアルロン酸はだいたい2~3年をかけて体内に吸収、排泄されます。

どの方法をとってもメリット、デメリットがあるので、豊胸を考える人は何が一番自分にあった整形法かじっくり考えてからの施術をおすすめします。