失敗しない美容整形

HOME >>  美容整形関連の投稿 > 最近よく聞くプチ整形とは

最近よく聞くプチ整形とは

女性はいくつになっても若くいたい、若く見られたいという願望がありますので、本格的な整形はちょっと抵抗があるという方でも、プチ整形ならやってみたいという方も多いようです。
プチ整形とは、メスなどの外科的な手術は行わず、小さな針程度の穴から手術をすることで、身体への負担を減らし本格的な整形よりかなり料金も抑えられる整形のことです。

●プチ整形の代名詞でもある埋没法

プチ整形の中で最も需要が多いのは、二重まぶたのプチ整形で、埋没法がよく用いられます。埋没法は医療用の極細の糸でまぶたの裏表を縫い合わせ、二重のクセをつけてしまう方法です。メリットは切開法に比べ目の腫れも少なく、10分程度の短時間で済みますし、5万から10万円程度の安い価格で二重まぶたにすることができ、もしも仕上がりが似気に入らなかった場合には、縫い合わせた糸を解いてやり直すことが可能です。

ですが、まぶたが元々腫れぼったかったり、目力が弱い、アレルギーの影響で目を頻繁にこする方などは、何かの拍子で2・3箇所止めてある糸が外れてしまい、一重に戻ってしまうことがあります。
美容外科によっては数年以内なら無料でお直ししますというクリニックもありますので、カウンセリングの際に確認しておく必要があります。

●シワが無くなるボトックス注射
年齢を重ねた女性なら誰しも悩むことが多いシワのプチ整形では、ボトックス注射で眉間のシワを消したり、ヒアルロン酸でほうれい線を消すプチ整形があります。

ボトックスはボツリヌス菌の毒性から抽出した薬剤で、シワ部分の筋肉を麻痺させ筋肉を抑制させる効果がありますが、ほの他にもふくらはぎに付きすぎてしまった筋肉を落としたり、ワキガや多汗症の治療にも用いられます。
ヒアルロン酸はシワ以外にも、鼻の輪郭や唇を整える場合や輪郭を変える際にも用いられます。ヒアルロン酸は元々人の身体にあるものですので、拒絶反応少ないです。

プチとはいえ整形手術ですので、受ける場合には十分なカウンセリングを受け、自分で納得したうえで手術を受けるようにしましょう。